コラム

どんな相手でも惚れさせる“ラブ・マインドコントロール”術とは!?

更新日:

Pocket
LINEで送る

[出会い系サイト/アプリ]を一度でも利用したことのある方ならば、[出会い系サイト/アプリ]を使ったからといって簡単に『異性と交際できるわけではない』という悲しい真実をきっとご存知のはず。

特に男女交際未経験の方が[出会い系サイト/アプリ]を利用した場合、“異性と出会えた”という事実に喜ぶだけで、『手を握るどころか会話さえままならない悲惨なデート』を経験するはめになる方も少なくありません。

……それでは、出会った意味がない!!

 

出会って失敗された方のほとんどは――

・カップルはどんな会話をするのだろうか?
・デートではどこに行けばいいのか?
・手を握るタイミングはいつだろうか?

――そんな疑問を抱かれたことでしょう。

そこで此度は、そんな疑問の解決となる愛初心者がデートで相手を惚れさせる一連のデート術『ラブ・マインドコントロール』についてご紹介します。

 

≪ラブ・マインドコントロール術≫

① 見た目で“好印象”を与える(服装効果/色彩効果)

“第一印象で人間的価値を評価される”と言われるように、人はその対象人物を一番最初に見たときの印象で相手が「どのような人間なのか」を判断してしまう心理傾向があります。

その心理傾向を応用して、見た目の清潔感により誠実さをアピールするなど、相手に対し意図的に“好印象”を与えることも可能です

しかし初対面の出会いにおいて、なかでも重要なのは“服装の色”であり、とりわけ『黄色』は人と人との関係を円滑化させ親交を深めさせる効果を臨めますから、ぜひデート時には服装のなかに取り入れてみてください。

※ 黒は、拒否や否定といった近寄りがたい印象を相手に与えるため、初デート時には取り入れるべきではありません。

 

② 相手の右側に立つ(位置的心理効果)

人は構造上、右目の視野/右耳は左脳、左目の視野/左耳は右脳に情報として伝達されており、人は自然と“自分の左側に存在する人に対して用心深くなる”心理傾向があります。

その一方で、“自分の右側に立つ存在に対して友好的な気持ちを抱く”心理傾向が働きますから、初対面時には必ず相手の右側に立つように心がけましょう。

 

③ 初めが大事(一貫性の法則)

人は、自分が“抱いている気持ち”に反する気持ちに対して、自分の気持ちを安易に曲げたくないと抑制してしまう心理傾向を持っているため、恋愛ドラマなどでよくある嫌いから好きになる展開にはならず、実際は『最初に嫌いだと感じたモノに対し、あとから好きになるという気持ちの変化が起こりにくい』と言われています。

初対面時に“嫌な奴”と思われないためにも、『挨拶』『敬い』『好意』が相手に伝わるように努力することが重要です。

 

④ 「周囲から○○とよく言われます」(社会的証明の法則)

人は誰しも“他人と情報を共有しようとする社会性心理”を備えており、情報元がいくら不確かであっても、『その情報を考慮して物事の判断をしてしまう』傾向があります。

「周囲から真面目だとよく言われます」とひとこと発言すれば、相手は“あなたの周囲の言葉”意図せず考慮してしまうため、相手のなかにあなたのことを真面目な人だと印象付けることが可能です。

 

⑤ 相手のペースに合わせる(希少性の法則/類似性の原理)

いくら家族/友人であっても、誰しも人は、人と人との交流のなかで“価値観/考え方”の相違』を感じています。

それだけに、一生のあいだで自分と“価値観/考え方”が一致〕する人と巡り合うことは、ほとんどありません。

巡り合える可能性が低いからこそ、人はそれを手に入れたいと望む心理傾向があるため、たとえ自分の気持ちと違っていても、相手のペースに合わせて“価値観/考え方”が一致〕していると見せかけることが重要になります。

 

『一方的なプレゼント』で断れない心境にさせる(返報性の法則)

人は『何もされていないのに、何かをしてあげる』という行為を避けたがる一方で、“他人から恩恵を受けたら、それに返礼したい(しなければ気が済まない)”という社会性心理を備えています。

デート中に手を繋いだり、また次のデートに誘ったりしたい場合、それを行う前に相手にプレゼントをしておくことがポイントです。

相手が「そんなの受け取れない」と言っても、押し切って相手にプレゼントを渡し、そのお返しは受け取らないようにするだけで、相手を“断れない心境”にさせることができ、相手を誘導することができます。

 

⑦ 会話中に行うべき動作

・少し前かがみ(自尊心の満足)
――相手の話をよく聞いている(興味がある)という態度を示すことで、相手の自尊心を満たし、無意識下に好感を抱かせることができます。

・行動をまねる(ミラーリング)
――相手がコップを口に運んだら同時に自分もコップを口に運び、相手があくびをしたら自分もあくびをする……行動が似ることで、知らず知らずのうちに相手はあなたに対し好感を抱きます。

・言葉をまねる(バックトラッキング)
――相手の発言のうち、重要な単語をそのまま繰り返して言うだけで、相手は“よく話を聞いてくれる人”だとあなたに対して親交の情を抱きます。

・まばたきを減らす(信用促進)
――まばたきが多いと、それだけ相手に悪印象(不信感)を与えることになりますから、なるべくまばたきの回数は減らすよう心がけましょう。

Pocket
LINEで送る

-コラム

Copyright© 出会い系サイト&アプリはこれだけでおk! , 2017 All Rights Reserved.