出会うコツ応用編

≪出会い攻略術≫『出会えない(社会人)タイプ』の特徴

更新日:

Pocket
LINEで送る

 

「このままじゃ……ずっと恋愛なんてできないんじゃないか……」

女性と交際どころか、交流の機会すら少なかった方の場合、きっとこんな“ネガティブな悩み”を抱かれた経験が一度はあるのではないでしょうか。


――恋愛ができる奴は、いつも恋愛している。

社会人になるよりもずっと前、大学生、高校、中学校、小学校の時期からすでに、この“恋愛ができる奴はいつも恋愛している”という兆候を感じ取っていた方も少なくないはず。

そうして、その理論と平行するように――

恋愛ができない奴はいつまでたっても恋愛できない

――という兆候さえも気づいている方もきっといたはずです。

事実、その「理解は正しかった!」と言えるでしょう。

それら経験は“出会いサイト・アプリケーション”内においても同様であり、『出会いツール』内でも男性ユーザーはそれぞれ「出会えるタイプ/出会えないタイプ」にきっちりと二分されています。

・どうやったら出会えるのか?
・どうしたら恋愛ができるようになるのか?


≪恋愛ができないタイプ≫
の方の場合は、自分が「なぜ恋愛できないのか?」それすら理解していない場合が大半……

そのうえその理由を「運が悪かった」としか思っていない人がほとんどなのだから、いつまでたっても≪恋愛ができるタイプ≫になれないのは当然。

これまで≪恋愛ができないタイプ≫であった方が、これから≪恋愛ができるタイプ≫になるには、まず『どうして恋愛ができないのか?』、そして『恋愛ができなタイプにはどんな特徴があるか?』を知る必要があります。

『出会いツール』を利用して、≪恋愛ができるタイプ≫になるために、これまでの多くの情報を参考に『出会いツール』内にて“出会えないタイプ”の特徴をまとめてみました。

該当の項目がある場合は、改善できるように心がけてみてください。

 

出会えないタイプの特徴

① 失敗を恐れる人

「もしも、メッセージに返信がなかったら……」

失敗を恐れて、メッセージを送信することのできない方は、十中八九、成功を得ることはできません。

このタイプの人は、そもそも“大きな勘違い”をしていることが特徴です。

その“大きな勘違い”というのは――

『アプローチ』をかけたあとに“成功か・失敗か”の判断が下される。

――と、とことん保守的な思考をしてしまっているところ。

『アプローチ』は、その行為をしただけで結果がどうであろうと、それは「成功」です。

何もせずに恐れ、ただ手をこまねいているだけ……その時間こそが、いわゆる「失敗」。

動かないことこそが「失敗」なのだから、“何もしないこと”こそを恐れるべきだと、ちゃんと認識しましょう。

② 相手に敬意のない人

『出会い(サイト・アプリケーション)ツール』を利用する人の“深層心理”は――

・誰かに認められたい人
・自分を否定されたくない人
・自分自身を支持してもらいたい人                 ……など

以上から推測できるように、ユーザーの大半は理由なく“寄り添ってくれる人”を求めている傾向が強く現れています。

そんななかで――

「それは、違うと思う」 「もっと考えた方がいい」 「自分はすごい」

――というような、“相手を否定した態度”や“見下した態度”、“自分自慢”で異性を口説こうとしても、口説けるわけがないことは言うまでもありません。

相手に敬意を払って、ちゃんとフォロー・サポートしてあげること、それこそが『出会いツール』で異性を口説く鉄則です。

③ ケチな人

こちらは、ひとつの事例をもとにした“心理問題”です。

男性と女性が食事をしたとき、勘定の場面にて問題が起こりました。

女性「男がおごってくれるのが“マナー”でしょッ!!」 男性「それぞれ食事したのだから“割り勘”が常識だろ!」

――さて、この場合、男性と女性どちらが『ケチ』でしょうか?

確かに、どこか違う(恋愛小説や恋愛ドラマの)世界の常識では“男性が女性に食事をおごる”というのがマナーですけれど、現実にまでその妙な常識を持ち込んだら、それは非常識。

男性に『ケチ』と思われても仕方ありません。

しかしまた、女性よりも男性の方が食事量が多かった場合、多く注文し、多く食べておいて、それで“割り勘”を主張するのは、男の風上にもおけない『ケチ』の代表と言っても言い過ぎではないでしょう。

この“心理問題”は、どちらが『ケチ』と決める必要はなく、相手のことを『ケチ』と思ってしまった時点でアナタ自身も『ケチ』ということ。

そして『出会いツール』では、一般的に“男性がポイントを支払い/女性はポイントで稼げる”というシステムです。

男性は女性のためにポイントをとことん支払える人であれば出会えますし、また女性はポイントを支払う男性のことを考慮できる人こそが良い出会いに巡り合えます。

出会いにお金をかけることが浪費と考えてしまったり、相手のことを考えて配慮することのできない人は、基本的に『出会いツール』をよりよく使いこなすことはできません。

Pocket
LINEで送る

-出会うコツ応用編

Copyright© 出会い系サイト&アプリはこれだけでおk! , 2017 All Rights Reserved.